もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

飽きずに楽しめることのメカニズム


スポンサードリンク

今日は、はてなブログ今週のお題「最近あった3つのいいこと」です。

 

1つ目:ボウリングの点数が良くない

ボウリングではここ半年、ずっとフォーム改造を続けています。

4カ月目くらいで「もしや掴めたかも!」となりました。やったぁ!

 

でもその後は「掴めたかも」のまま。

でも掴めてないわけでもなく、間違いなく良くなってはいるのですが、まだまだ課題もある感じ。

あっちが良くなれば、こっちが気になる状態です。

 

これが1つ目の「いいこと」です。「いい状態」と言ったほうがいいかな?

これが「完璧に掴めた!」となり、凄い球が投げれるし点数も良くなったりだと、きっそソコで飽きちゃうはず。

一方、全く掴めた感じも、進歩してる感じもないなら、それはそれでイヤになっちゃう。

「掴めたかも」「いや、これじゃまだまだダメ」が拮抗している今の状態だと、「次の練習ではこうしてみよう!」となり、自分の熱量が維持できます。

趣味としては一番楽しい状態なんじゃないかな?

 

ちなみに、実際にやってることはこんな感じです。わけわからんと思いますが。

  • 後ろ重心の感覚が解ったら突っ込む悪癖がなくなった
  • 肩の延長線上に腕を維持するコツが判り、オープンハンドができるようになった
  • 超脱力・腕ぶらんぶらんにしても、スピードが変わらなくなってきた
  • 上半身あおる悪癖をなくすのが課題、これが根深い
  • フォームの安定も課題、まだストレートのコントロールがダメダメ

 

 

2つ目:テンカラでオイカワが釣れない

最近、オイカワというお魚を、テンカラという毛鉤釣りの方法で狙っています。

左:以前に奥さんがフライで釣ったオイカワ 右:テンカラの道具だて

 

場所は、チビ姫の散歩に行く川。なので、最近はほぼ毎日釣ります。

が、これが釣れない。

 

イカワなんていくらでもいるし、他の川で他の釣り方ではたくさん釣ってますが、この川でテンカラで釣るとほとんど釣れない。

なんでだろ?

 

もちろん自分がテンカラ初心者だからってのはあります。

が、でもオイカワですからね。フライの時はダウンに流しっぱにしとくだけで、いくらでも釣れたのに・・・

 

でも、釣れそうなのです。実際、たまには釣れるのです。

これが全く釣れないのであれば、そりゃすぐイヤになるはずですが、そうじゃない。

釣れそうで釣れないから、「じゃぁ、明日はこうやったら釣れるんじゃね?」ってかんじで、熱量が維持できるわけです。

ボウリング同様に、趣味としては一番楽しい状態なんじゃないかな?

 

 

3つ目:奥さんがつれない

この件については多くは語りません。

が、これについても、熱量が維持できる状態で、そこそこ楽しいかも。

 

ただこれは、「最近あったこと」ではありません。出会った頃からずっと。

そして、これがやっぱり、一番難しい。

ライフワークです。

 

 

今週のお題「最近あった3つのいいこと」

 


にほんブログ村


シニアライフランキング