もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

ポートレートモードでヌラヌラ質感な写真


スポンサードリンク

今日は「スマホポートレートモードを使って撮影すると、たまに妙にヌラヌラした質感の写真が撮れる」というお話しです。

 

 

カメラ性能で選んだスマホ

今使ってるスマホOPPO Reno5a です。その前がReno3a。

 

自分は国粋主義者的な指向が強いので、ずっと国産スマホを使ってきました。

低価格レンジの国産スマホはカメラがダメダメですが、「モバイルSuica対応」「防水」「安価」は絶対条件だったので、国産しか選択肢がなく。

しかし3年ほど前の買い替えの際に、「モバイルSuica対応」「防水」に対応していた中華スマホOPPO Reno3aでした。

評判を調べてみると、とにかくカメラ性能が良いらしいので購入してみました。

 

実際に、カメラ性能には満足できました。

だからその次もOPPOの後継機種のReno5aにしました。

Reno3aは、写真がやや暗く映る傾向があり、毎回補正してからブログにアップしてましたが、Reno5aは明るく撮れるので補正不要になりました。

 

一時期、鳥を撮りたいとコンデジを持ってみたのですが、自分には合わなくて止めました。持ち歩くのが苦痛で・・・

なので、今後もスマホで撮る予定。次のスマホもカメラ性能で選ぶと思います。

 

 

ポートレートモード

OPPOスマホにしてから、多用しているのがポートレートモードです。

名前からして「人物のポートレート写真を撮る用」だと思いますが、自分場合撮るのは犬や鳥やカエル。

ポートレートモードで撮ると、前後がボケます。

光学的にボケさせるのではなく、デジタル加工でボケさせてるのかな?

でも、イイ感じの写真になることが多いです。

ただし、ピントが合わず失敗する写真も多いので、ポートレートモードで撮る際は何枚か撮るようにしています。

それでも、数枚が全てダメなこともけっこうありますが。

 

しかし一方で、なにかが上手くいくと、やたらヌラヌラした質感の写真が撮れることがあります。

どうやったらそうなるのかわかりませんが、ごくたまにビックリするような写真が撮れるのです。

それらは、お気に入りの写真になっています。

 

今日はそんな「ヌラヌラ質感」の写真を、何枚か紹介します。

 

 

ヌラヌラ写真館

 

まずはチビ姫です。

 

この2枚は、ボケてはいるけど、そんなにヌラヌラじゃぁないですね。

単にチビ姫の写真も載せたかっただけです。

 

 

次はキジバト

 

1枚目はReno3a、2枚目はReno5aです。

2枚目はかなりヌラヌラな質感じゃぁないです?

でも、どうしたらこうなるのかさっぱりわかりません。

 

 

最後はカエルです。

 

 

くー、かなりヌラヌラでしょ。

ポートレートモードのヌラヌラ感は、カエルが一番合うかもしれませんね。

でも、実物がこんなヌラヌラに見えることはありませんけど。

 



もう、今年はこういった写真は撮れないでしょうから、次は来年です。

来年もこんな写真が撮れるといいな。

 

スマホもそろそろ買い替えたいところですが、どうでしょう?

この冬はお金かかりそうだからなぁ・・・

 


にほんブログ村


シニアライフランキング