もみじの備忘録

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

新しい身体の使い方を試す度に、ダメージを受ける年齢になってしまった・・・


スポンサードリンク

今日は「身体の老化」のことを書きます。

60歳に身体能力のピークを迎えられるよう、50代のうちは老化に抗い鍛えようと思ってますが、現実はそう甘くはなくて・・・ というお話しです。

大丈夫・・・?

 

「ボウリング 左尻 痛い」で検索する土曜日

ここ何年かは、金曜日の夜は必ずボウリングしてましたが、コロナ後にボウリングする人も増えてきてようで、金曜日はボウリング場が混んでしまうようになり・・・

今週から、ボウリングする日を木曜日に変えました。

 

木曜日の夜はガラガラで、金曜日とは大違いでした。

なんだよ、こんなに違うなら、もっと早く木曜日に変えれば良かったよ。

空いてたのでたくさん投げれました。20ゲーム投げたのは久しぶり。

 

しかし、そのせいか翌日お金曜日は腰が痛い。でもこれはいつものこと。

でも、土曜日になっても腰が痛い。普段なら翌々日には痛みは収まってるのに・・・

それに、普段の痛みとちょっと違う気がします。

疲労性の腰痛というより、筋肉損傷してるような痛みなのです。

マッサージガンでブルブルほぐしてみても、普段と違い改善しないし。

 

自分で痛む場所をよくよく調べて見ると、右尻上部でしたす。左尻は痛くありません。

「右尻上部?、ここはなにすると痛くなるんだろ?」と不思議に思い、早速検索してみます。

検索キーワードは「ボウリング 左尻 痛い」です。

(自分が痛いのは右尻ですが、自分左投げなので逆サイドで検索しました)

 

するとどうやら、みなさん痛くなる場所のようで。

ボウリングって、最後に左脚1本でスライドして止まるのですが(右投げの場合)、その止まる動作で負担が掛かるのが左尻上部なんだそうです。

そういえば昔、全く滑らないボウリングシューズで投げたら、左尻上部をものすごく痛めてしまったことがありました。

なんだよ、そういうことかぁ・・・

 

 

新しい身体の使い方を試す度に、身体がダメージを受ける年齢

自分ボウリング歴はそこそこ長いので、今更「スライドして止まる衝撃を受け止める右尻上部が痛くなる」なんてことは、普通だったらないはずです。

が、この日は「身体の開きを抑える投げ方」を集中的に練習していたため、普段以上に右脚/右尻に負担がかかったようです。

 

「身体の開きを抑える投げ方」自体はとても感触が良くて、普段より球も走ったし、コントロールも安定しました。

「これだよこれ!、こうやって投げるのが正解だったのかぁ・・・」なんて思いながら、久しぶりにいい練習ができたという充実感を感じました。

が、翌々日の土曜日にも尻が痛くて・・・

 

50代も後半になってからは、こういうことばかりです。

なにかしら新しい身体の使い方を試す度に、身体がダメージを受け悲鳴を上げるようになってしまいました。

このポンコツっぷりは、避けられないようです。

 

一方で痛みが出るということは、新しい動作が行えてる証拠でもあるので、嬉しい面もあります。

でも、こうも痛いとちょっと困ってしまいます。

でも、まだまだ投げ方は上達したいので、痛まない無難な投げ方で我慢するなんてつもりはありません。

 

 

ランジかな?

となると、鍛えるしかないわけです。

普通の腰痛と違い、「衝撃を受け止める動作での筋肉損傷」でしょうから、おそらくストレッチでは効果がなくて、筋力をつける方向で鍛える必要があるような気がしています。

 

となると、自分が思いつくトレーニングメニューは「ランジ」です。

youtu.be

 

ランジかぁ・・・。嫌いなんですよね、ランジ。

スクワットは毎日やってるのですが、ランジは全く。

でも、必要に迫られてるのでやるしかないか・・・

 

ホントにランジがいいのかどうかは判らないので、ボウリング詳しい人にも相談させてもらおうと思いますが、おそらくやることになるんだろうなぁ・・・

 

気が重いのですが、まだまだボウリングは球威上げたいし、長くボウリング続けたいので、できることはやろうと思います。

それに、ボウリングがモチベーションになって、身体を鍛えられるってのは、生きていく上でもいいことでしょうし。

 

とりあえず今は、ロキソニンテープ貼って寝ます。痛ててて・・・

 

 


にほんブログ村


シニアライフランキング