もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

結婚記念日、年々地位向上する傾向


スポンサードリンク

今日は結婚記念日のお話です。

 

一昨年・昨年は?

誕生日や記念日は、一応大事にしています。

誕生日や記念日には予算をつけていて、ちゃんと予算通りお金も使い、みんなで会食しようという方針です。

むしろ、「誕生日や記念日以外は基本的に外食しないだけ」ってことかも。

 

年の前半の記念日のピークが、5月~6月です。5月は奥さんの誕生日、6月は結婚記念日と兄ザルの誕生日。

やはりメインは誕生日になります。

結婚記念日はちょっと控えめなお祝いになります。2人だけですしね。

 

一昨年は、花束+ちょっといい肉買って家で自分が調理しました。

去年は、花束+ちょっといい回転寿司に家族で行きました。

 

 

結婚記念日の地位向上

しかし、最近ウチの奥さん、少しずつ子離れモードのようで、家族でお祝いするより「二人で行こう」と言い始めました。

誕生日の家族でのお祝いは続けるのですが、そこよりも二人でのお祝いに力を入れたい模様。

確かに最近、家族でのお祝いに力を入れる甲斐がありません。子供達はあまり喜ばないし、義母はどこでも喜んでくれるし という状態なので。

奥さんだけでなく、自分も去年の結婚記念日に、こう書いていました。

来年はもう学費の目処もついてはずなので、もうちょっと予算をとろうかな。久しぶりに2人で旅行に行くとかもいいかも。

実際には、学費の目処はつかなかったんですけどね。くー。

 

そんな中、今年の結婚記念日が来ました。当然奥さんは、かなり前のめりです。

旅行とはいきませんが、予算も見直し増額しました。

自分も、これからはこの日を一番大事にしたい気になってきていたので。

 

 

今年のお祝いは鉄板焼

というわけで、奥さんにご希望に沿ってお祝いの食事をしてきました。

お誕生日はフレンチだったので、今回は奥さんの好物の鉄板焼き。

それも、久しぶりの都内。やっぱり北関東とは違い、何かとおしゃれな感じ。

 

 

自分たちがイメージする「昭和の鉄板焼き」とは少し違い、お料理のバリエーションも多く楽しめました。

ウニ寿司とか、お好み焼きとか、意外でした。

 

 

お肉もとてもおいしかった。いろんな薬味で食べれるのも良かった。

家でおっさんが弱火で焼く輸入牛とはわけが違いました。(←当たり前)

 

たいへん美味しゅうございました。

 

 

やりたいこといろいろ

やはり、たまに都内に出るのもいいなと思いました。

自分たちも、出会った頃はもっぱら都内で遊んでたので、ちょっと懐かしい感じもしました。

 

都内に出るだけでなく、普段なかなかやれないけど、たまにはやりたいことってのもいろいろあります。

遠くまでのドライブとか、旅行とか。

そういうことをやるのに、結婚記念日っていい機会なのかもしれません。

来年は、もうひとひねりしてみようかな。

 

しかし、季節はよろしくありません。梅雨の時期にあたってしまいます。

もうちょっと、将来のことを考えて、結婚する日を決めれば良かったよ。

 

なぜ結婚する日を6月にしたかというと、新婚旅行のカナダ釣り旅行のベストシーズンに合わせたからでした。

そういえば、二人で釣り(渓流)も行ってないなぁ、行きたいなぁ・・・。

でも、結婚記念日に釣りは却下されますね。間違いなし。

 


にほんブログ村


シニアライフランキング