もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

モンベルクラブ 年会費の元を取る!


スポンサードリンク

今日は、モンベルクラブのお話しです。

 

I love mont-bell

モンベル好きです。

日本メーカーのものを購入したいと考えているのもあり、パタゴニアとかノースフェイスとかは、一切買いません。モンベル一択です。

ウェアは、自分にはオーバースペック(機能も価格も)なものが多いのであまり買いませんが、バッグ類は全てモンベルです。

これがまたとても丈夫で、大変長持ちします。

テントもモンベル(ムーンライトⅤとⅦ)でした。

「もうキャンプはやらない、温泉のほうがいい」となり、ジモティで売ってしまいましたが、いい値段で売れたのは、さすがモンベル

 

 

mont-bellクラブ

モンベルには、モンベルクラブというポイント会員制度的なものがあり、自分もそれに入っています。

club.montbell.jp

 

これが、年会費1,500円と有料ですが、それでも100万人以上会員がいるそうで、業界でもよく話題になるそうです。

モンベルクラブに入ると、鍋敷き・・・じゃなかった、製品カタログ(ウェアカタログ・ギアカタログ)が送られてきます。これが楽しみです。

自分のモンベルクラブ歴もそろそろ20年になりますが、毎年毎年製品カタログを見続けてきてるので、「このウェアはこんな風に変わってきた」とか、「このギアは前のままで良く生き残ってる」なんてことも判ります。

最近は、紙のカタログ冊子を手に取ることなんてなくなりましたが、唯一モンベルのカタログだけは今でも良く見ます。

 

このカタロが、冬の鍋シーズンになると、鍋敷きに使われます(笑)

見て良し、敷いて良し!。

これだけで、1500円の価値はあると思っています。

 

 

モンベルクラブの特典

カタログ以外のモンベルクラブ特典に、アウトドア施設の割引があります。が、自分はそういうお金がかかる施設にはまず行かないので、使いません。

 

主に使う特典は、モンベルショップの割引です。

自分はモンベルクラブ入って20年近いプラチナ会員なので割引率も9%!、もうすぐダイアモンド会員になるので、そうすれば10%!

これは結構デカいです。

 

あとは、オンラインショップの送料が無料になります。これも結構使います。

ね、これなら1500円払ってもいいでしょ?

 

 

お米で年会費の元を取る!

と考え、納得して毎年1500円を払い続けてきましたが、今日この1500円すら元を取る方法を発見しました。

なんと、お米の割引です。

隣の町が「モンベルタウン」というモンベルさんの提携都市?みたいになってるようで、その関係か、その町の農産直売所では、モンベルクラブカードを提示すると割引になるそうです。

 

それがなんと、お米1kgあたり50円引き!

「えっ、50円も?」と、思わず聞き直してしまいました。

 

埼玉自慢の米「彩のきずな」は、直売所価格だと1kg260円程度ですが、それが50円引きってことは210円/kg、約20%オフです。

米30kg買えば、1500円オフですから、これだけでモンベルクラブの年会費の元がとれてしまいます。

ウチはおそらく年に50kgくらい米食べてるはず。ってことは2500円。

鍋敷きが欲しくない人も、モンベルクラブ入るべきってことです。はい。

 

 

最近のアレコレ

最近は、週に10回くらい釣りに行ってます。

朝行って夕方行く日も多いのです。

 

こんなに釣りに行けるのも、チビ姫のおかげです。

自分が釣りに行きたいだけでは、こんなに行かせて貰えませんから。

チビ姫が川に行きたがるから川にいけるし、釣った魚を食べたがるから釣りをさせてもらえます。

 

このところ荒川はまた増水してしまい、魚っけがありません。

そこで金曜の朝は、増水の影響がない用水路でマブナ狙い。すると・・・

ブルーギルを食べたいミニチュアダックス

いもグルテンに、まさかのギル!(笑)
チビ姫のリードが届かないところで撮影しました。

食べたがるチビ姫。ですが、ギルはヒレのトゲトゲが鋭いのでやめておきました。

 

その代わり、今朝はおいしいお魚が釣れる上流域へ。

ミニチュアダックス
ミニチュアダックス
川で自由に過ごすチビ姫。水に入ってみたり、釣れたお魚を食べたり。

 

ここは上流域の中では、下流側。上流と中流の中間くらい。

なので河原の石も小さめ、チビ姫にとっては歩きやすいようです。

 

明日の朝も行く予定。明日はどの川に行こうかな?

 


にほんブログ村


シニアライフランキング