もみじの備忘録 -池にカエルと金魚と白メダカ-

人生終盤に入ったけど、北関東南縁でキラキラした日々を過ごしたい!

【軽井沢へ】浅間山、もみじの紅葉、フランス牛ステーキ


スポンサードリンク

今日は軽井沢の「浅間山、紅葉、フランス牛肉」のお話し。

この(↓)続きです。

 

見づらかった浅間山

上信越道、碓氷軽井沢ICを降り、一山超えると長野県&軽井沢です。

プリンスのゴルフ場の間を通り抜け、ココを真っ直ぐいくとアウトレットというところで左折。

奥さんが助手席で「なぜだー!、なぜ曲がるー!」と叫んでますが、今日は浅間山を見に来たのですよ。

 

事前に調べたビュースポットのうち、まずは「湯川ふるさと公園」到着しますが、浅間山はイマイチ良く見えません。却下です。写真も撮らず。

しかし後で後悔します。ここで撮っておけば良かった・・・

 

その後、もっと浅間山の近くに行こうと、田崎美術館脇を通りセゾン現代美術館方面に登りますが、どこも木が生い茂っていて前方が見えません。

たまに視野が開けても、山が見える感じではりません。近すぎた?

結局突き当りまで行った後引き返し、星野リゾートの駐車場で写真を撮るも、ここもイマイチ。

手前の樹、全て切り倒していいですか?(←ダメだってば)

なかなか難しいぞ浅間山

もちろん、良く見える場所もあるのでしょうし、ちゃんと調べてそこに行けば見れるのでしょうけれど、アバウトに「あの辺行きゃーなんとかなるっしょ」ではダメでした。

 

自分としては、きっちりスポット調べそこに行くより、自分で走り回って良く見える場所を探し出したい。そうじゃなきゃ面白くない。

でもそうもいきません。

「もう見えたからいいじゃない」「早くアウトレットに行こう」「お腹も空いたし」とだんだん機嫌が悪くなってくる人が助手席にいるので・・・

 

というわけで、続きは次回に。また来るよ、浅間山

 

 

紅葉に包まれる体験

浅間山を見る」という目的が十分達成できなかったのに、自分が全く不満ではなかったのは「もみじの紅葉」のおかげです。とにかく凄かった。

 

地元にも「もみじの紅葉」がきれいな場所はいくつかります。メッツァビレッジなんかも「もみじの紅葉」がかなりたくさん見れます。

が、軽井沢のもみじは段違いでした。

「見る」とか「眺める」って感じではありません。そこらじゅうが「もみじの紅葉」だらけなので、「もみじの紅葉の中を走る」「常にもみじの紅葉に包まれる」感じ。

軽井沢のもみじの紅葉
軽井沢のもみじの紅葉
左:燻製屋さんの近くで 右:星野リゾート駐車場近くで

 

軽井沢のもみじの紅葉
軽井沢のもみじの紅葉
左:中軽井沢の北側の通り 右:中軽井沢駅軽井沢駅の通り

 

軽井沢のもみじの紅葉
軽井沢のもみじの紅葉
左:アウトレットの駐車場のもみじ 右:アウトレットから道路挟んで西側のもみじ


軽井沢って、ホントにもみじが多いのですね。

自生しているものもあれば、植えたものもあるそうです。

いやぁ、見事でした。いい時期に行って良かった!

 

 

フランス牛肉を喰う

浅間山を見ようとし、もみじの紅葉を堪能しましたが、それだけでは済みません。

アウトレットにも行かねば。くー。

 

アウトレットは5年ぶりくらいかな?、前回は、自分は子供とゲーセンで過ごしてましたが、もはや子供達もいません。ひたすら奥さんのお買い物を待つのみ。

でも、案外苦ではなかったのは、犬を眺めていられたからです。ホントに犬が多かった、犬だらけ。

 

ちなみに、アウトレットからは浅間山のてっぺんがちょこっと見えるだけ。

離山(1256m)が ものすごく邪魔をしている 手前にそびえているからです。

ほんのちょこっとだけ見えるのが浅間山ですよね?

 

なんとか奥さんの買い物も終わり(長かった・・・)、あとは飯食って帰るだけ。

でも、アウトレットの中のレストランはどこも混んでます。

唯一空いてたのは、「サクレフルール軽井沢」というフランス発の肉バル。

空いてる理由は高いからなんだろうなぁ・・・ と思いつつも、結局そこに入ることにしました。

中軽のザカウボーイハウスに行くつもりが混んでて入れなかったため、口が肉になってたのもあるし、「フランス流のステーキってどんなのよ?」という興味もあり。

 

 

どうせならケチらずに名物らしき「トマホーク(骨付き塊肉)」を頼もうと思いましたがですが、「今日は一番小さい肉で1.3kgです」と言われあきらめました。

さすがにそんなに食えませんて。結局普通のステーキを食べました。

サーモンサラダランチ と ステーキランチ。肉はフランスのシャロレー牛のザブトン

 

メイラードは偉大でした。この溶岩プレート欲しい。

 

やっぱりステーキは赤身が旨いと思いました。

この肉は、弾力があるけど硬くはなくて、小さく切り噛みしめて食べと旨かった。

先月家で、厚切和牛ステーキをやった時には「和牛はステーキより薄切り(しゃぶしゃぶ・すき焼き)が合う」と感じましたが、今回は「ステーキはやっぱり赤身が合う」と強く感じました。

 

コスパが良いお店ではないので、もう行かないと思いますが、フランス牛(シャロレー牛)を食べれたし、特徴ある美味しいお肉をいただけ満足でした。

 

これで予定は全て終わりです。ちょっとだけ渋滞に巻き込まれつつ帰りました。

たまたまとてもいい時期に軽井沢を訪れることができ、天気にも恵まれ、良い休日を過ごせました。

奥さんも楽しかったそうです。あー、良かった。

 


にほんブログ村


シニアライフランキング