頚椎症性神経根症 リハビリ1ヶ月経過


スポンサードリンク

9月末から頚椎症性神経根症のリハビリを始め、1カ月以上が経ちました。

リハビリとして、やろうと決めたことはこの4つ 。

 

前回(3週間前)には、

  • 継続できればとても効果ありそう
  • 「継続できれば」ってところが難関そう

と書きましたが、やはり「継続できれば」が難関でした。

 

ビタミンB12

ビタミンB12の錠剤、医者がくれる量の3倍の2ヶ月分

これがついつい忘れがちで、実施率50%程度でしょうか。

今まで飲んできた錠剤の中でも、一番使いやすい量(5000ml)なので、1日一粒舐めるだけなのですが、それがどうにも。

朝起きたら舐めることにしてますが、まだちゃんと習慣になっていないようです。

湿気に弱いからと、冷蔵庫に入れてるのも忘れる要因です。金魚やメダカの餌と一緒に並べて置けば、まず忘れないと思うのですが・・・

 
ゼラチンの摂取

これは忘れずやってます。1日10gを目安に取得しているので、一袋目(500g)がほぼなくなりました。

そして、肌や爪が元気になってきました。コラーゲンですからね。

関節や腱に効果が出てるかどうかはわかりませんが、効いてると信じて飲み続けようと思います。

最近は、単にお湯に溶かし、少しだけオリゴ糖を垂らして飲んでます。そのほうが、コーヒーに入れるよりもかえって美味しい気がしてきました。

 


懸垂

自作の懸垂バー

懸垂は毎日欠かさずやってます。家の中で簡単にできるのがポイント。

これも毎日忘れずやってて、最近は6回できるように。

9月末に始めた頃が3回、10月中旬には4回、10月後半には5回と、順調に回数が増えていて、リハビリのゴールにしている7回まであと少し!

80kg近い体重での懸垂ですから筋トレ効果も高く、上半身の筋肉はかなり復活してきました。

上半身のトレーニングとして、懸垂はいいですね。やはり、家の中に懸垂バーは欠かせません。


自彊術

自彊術

自彊術、体操の内容はとっても良いのだけれど・・・

これが続きません。最近あまりやってません。週1~2回くらいかな。10分くらいかかるので、つい面倒になってしまうのです。

体操の内容としては、腕や首を動かす動作が非常に豊富で、とっても効果がありそうなのですが、継続できないことには・・・

動画に合わせてやると、場所も選ぶし自分のペースでできないので、書籍を見ながらやるように変えたのですが、これが逆効果だったのかも。

自彊術の教室って、けっこうそこら中にあって、なんでだろう?と思ってましたが、こういうものって集まって時間とって強制的にやらないと、なかなか続かないのかもしれませんね。ラジオ体操とかも同じな気がしますが。

 

と、言い訳してても仕方ないので、朝やることにします。

朝起きたらすぐに、1) ビタミンB12舐めながら自彊術やって、2) 懸垂して 3) ゼラチンドリンク飲む というように、セットにしよう。

うん、これならできそうな気がするぞ!。(←たぶん気がするだけ)

 

にほんブログ村 シニア日記