池にカエルと金魚と白メダカ

そんなんでもいいんだよ教の信者です。ゲロゲロ。

河原トランぺッターへの道(2) 楽器(pCORNET)を吹いてみた【動画有り】


スポンサードリンク

河原で吹いてみた

メルカリで買ったコルネット(プラスチックののコルネット「pCORNET」の青)が届いたので、早速吹いてきました。

youtu.be

 

音は出ました。塩ビ管でも音出たんだから、そりゃぁ出るわけですが、一安心です。

でも、ドが出ません。レミファソは何とか出ますが、ラも出ません(たまに出る)。どうやったら、低い音や高い音が出るようになるのやら?。慣れてくれば、自然に出るようになるのでしょうか?

少なくとも今はレミファソしか出ないので、それだけで吹ける曲を探しました。見つかったのは「見上げてごらん空の星を(のハ長調版)」です。ドやドより下の音も多少出てきますが、そこをあきらめても、それなりに曲っぽくなるので、この曲を練習することにします。

ホントは「北の国からを吹きたいけれど、始まりのソミーレドシドレーラのうち出る音はミとレだけ。お話になりません。(っていう以前に、もしかしてハ長調じゃ吹けない?)

 

それにしても、簡単ではないだろうと思ってましたが、ホントに簡単ではありませんね。長い道のりになりそうです。

そりゃそうです、高校時代自分がハンドボールやってる横で、吹奏楽部はずっと基礎練習してましたから。塩ビ管吹いただけの素人が、簡単に吹けるわけがないのです。

でも、面白い。レミファソしか出なくても面白い。しばらく遊べそうです。

 

 

3番ピストンが戻らない

メルカリで半額で購入したpCORNETは、新品ですが最初から不都合がありました。3番ピストンがひっかかってしまい、戻らないことがほとんどなのです。1番2番ピストンと比べ、明らかに動きが悪く、ピストンを入れ替えてもダメなので、3番シリンダー(?)の問題のようです。

トランペットの3番ピストンって、使用頻度が低いようですが、「レ」では使います。「レ」を吹いた後は、ピストンを左手で引っ張り戻さねばなりません。

amazonのレビューを見てみたら、同じ症状の方多数。これは、ハズレ商品に手をだしてしまったかもしれません。でも、半額で入手できたのがこれだけなので仕方なし。更に入手経路がメルカリなので、自分で何とかするしかありません。

 

まずは、グリスを塗ってみました。楽器用のグリスなんて持ってるわけないので、フライフィッシングのフロータント用に買ったベアリング用のグリスを使いました。が、状況は全く変わりません。削らないとダメそうです。

金管楽器のリペアーの動画を見てみたら、コンパウンド(削り粉)を使って調整していました。コンパウンドならウチにも「ピカール」があります。「トランペット ピカール」で検索したら、ピカールでピストン調整している人も実際にいました。

ならやってみようかとなり、ピカールで研磨したら、2回に1回はピストンが戻るようになりました。更にもう一度ピカールで研磨したら、3回に2回はピストンが戻るようになりました。あと1~2回研磨すれば、いい感じになるかもしれません。でも下手すれば、楽器をダメにするかもしれません。まぁ、その時はあきらめましょう。

 

プラスチックトランペット/プラスチックコルネット も何種類かありますが、pTRUMPET、pCORNETは、ピストンの精度が悪いのかもしれません。実際に、他のプラスチックトランペットに買い換えたというレビューコメントもありました。

今更おせーよ。ってか、半額で買えたのがこれなんだから仕方ねーずら。

 

こうなったら、3番ピストンを使わずに吹ける曲を見つねばなりません。そんなんあるのかよ? と思いましたが、ありました。「ハトと少年(パズーの曲)」です。

でもこの曲、低い音・高い音が多く、とてもとても難しくって吹けません。残念。

 

 

というようなトラブルがありつつも、「プラスチックじゃない、ちゃんとした金属のトランペット買えば良かったかも」とは全く思いません。とっても軽くて、扱いやすいからです。

ケースもなくて、付属品はペラッペラな布リュックだけですが、それで十分なのが、プラスチックの良さですね。

f:id:momijiteruyama:20211107155043j:plain

付属の布リュックに入れたpCORNETを背負って歩くの図

 


にほんブログ村


シニアライフランキング

f:id:momijiteruyama:20211107155039j:plain